TEL

個別療育を行う豊中市の児童発達支援・放課後等デイサービス。運動療育でお子様の成長をサポートします。

ごあいさつ
お知らせ

お知らせ

2024/05/15

ChatGPT4oとの会話

発達障害児の未来は明るいかどうか?
について聞いてみました。その結果は、、、
以下
発達障害を持つ子どもたちの未来は、社会全体の理解と支援が進むことで明るいものになる可能性があります。以下のようなポジティブな変化が見られます。
まず、教育の現場では、発達障害を持つ子どもたちに対する支援が充実してきています。個別のニーズに応じた教育プランや専門の支援スタッフが増え、多様な学びの場が提供されています。これにより、子どもたちは自分のペースで学び、成長する機会を得やすくなっています。
次に、社会全体の意識も変わりつつあります。発達障害に対する理解が深まり、職場やコミュニティでも多様性を尊重する動きが広がっています。これにより、発達障害を持つ人々が自分の能力を発揮しやすい環境が整いつつあります。
さらに、技術の進展も大きな支えとなります。特に、AIやデジタルツールを活用した支援が進んでおり、個別のニーズに応じたサポートがより効果的に提供されるようになっています。
もちろん、課題も残っていますが、社会全体が協力して支援の仕組みを充実させていくことで、発達障害を持つ子どもたちの未来はより明るいものとなるでしょう。

ChatGPT4oとの会話
ChatGPT4oとの会話

2023/04/02

発達障害児に体幹が弱いと言われる理由を神経学的に説明します。

発達障害児に体幹が弱いと言われる理由を神経学的に考えると、主に3つの要因が考えられます。

運動制御の問題
発達障害児には、運動制御の問題が見られることがあります。例えば、筋肉の収縮や弛緩、協調的な動き、バランス調整などがうまくできないことがあります。これは、脳の運動制御を司る部位の機能が低下しているためです。そのため、体幹を支えるために必要な筋肉の働きが弱まり、体幹が弱くなることがあります。

感覚処理の問題
発達障害児には、身体の感覚処理の問題が見られることがあります。例えば、触覚や前庭覚の情報処理が遅れているため、バランス調整や姿勢制御が困難になることがあります。そのため、体幹を支えるために必要な筋肉の働きが十分に発揮できず、体幹が弱くなることがあります。

脳の発達の遅れ
発達障害児には、脳の発達の遅れが見られることがあります。例えば、脳の前頭葉や運動野の発達が遅れることで、運動制御や協調的な動きが困難になることがあります。そのため、体幹を支えるために必要な筋肉の働きが十分に発揮できず、体幹が弱くなることがあります。

 以上のように、発達障害児に体幹が弱いと言われる理由を神経学的に考えると、運動制御の問題、感覚処理の問題、脳の発達の遅れなどが関与していることがあります。これらの問題に対しては、神経学的な評価や運動療法などが行われ、個別に適切な関わりが必要となります。

発達障害児に体幹が弱いと言われる理由を神経学的に説明します。
発達障害児に体幹が弱いと言われる理由を神経学的に説明します。

2023/03/28

ビジョントレーニングをするならボール運動をたくさんしてください!

ビジョントレーニングは、視覚機能を改善するためのトレーニング方法の一つです。ビジョントレーニングには、様々な種類のトレーニングがありますが、その中でもボール運動は一番効果があるとされているエビデンスがあります。

ボール運動は、視覚情報と運動情報を統合するためのトレーニングとして効果的です。具体的には、ボールを追いかけたり、キャッチしたり、投げたりすることで、目の追跡機能や手の運動機能などが同時に刺激され、視覚と運動の統合が促進されます。

研究によると、ボール運動を行うことで、眼球運動や視空間的処理能力の改善が見られることが報告されています。また、ボール運動は、注意力や集中力の向上にもつながるとされており、学習障害や発達障害の子どもたちにも有効なトレーニング方法として注目されています。

ただし、効果的なトレーニングのためには、適切なプログラムや指導者の下で実施することが重要です。また、ボール運動以外にも、視覚機能の改善に効果的なトレーニング方法もありますので、個々の状況に合わせたアプローチが必要です。

ビジョントレーニングをするならボール運動をたくさんしてください!
ビジョントレーニングをするならボール運動をたくさんしてください!

2023/03/25

発達性協調運動障害児が繰り返し同じ運動を再現できない理由を理学療法士が解説します。

 発達性協調運動障害の子どもは、運動の再現性が乏しく、同じ運動を繰り返し正確に行うことが困難な場合があります。これは、神経筋系の発達の遅れや、神経伝達物質の不足、筋肉の協調運動の不十分さなどが原因となっています。

固有受容性神経筋促通手技(PNF)は、神経筋系を活性化する手技療法であり、運動の再現性を向上させることができます。PNFは、神経細胞と筋肉の相互作用に焦点を当てており、神経系と筋肉系を連動させることで、神経伝達物質の放出や筋肉の収縮を促進する効果があります。

具体的には、PNFは、特定の筋肉を収縮させたり、伸ばしたりすることで、神経系と筋肉系を刺激し、神経伝達物質の放出を促進します。また、PNFでは、対角線上の筋肉群を同時に活性化する手法が多く使われます。この手法により、複数の筋肉群を同時に動かすことで、協調運動の不足を補い、運動の再現性を向上させることができます。

PNFは、神経筋系を刺激し、協調運動の改善や運動の再現性の向上を促進することができるため、発達性協調運動障害の子どもに対して有効な手技療法の一つとして用いられています。




発達性協調運動障害児が繰り返し同じ運動を再現できない理由を理学療法士が解説します。
発達性協調運動障害児が繰り返し同じ運動を再現できない理由を理学療法士が解説します。

2023/03/20

ホームページで上位表示されているけれども、事業所の生の情報ブログがゼロ!なんかは注意してください!

 検索エンジンで上位表示されるためには、SEO対策は重要ですが、それだけでは十分ではありません。本当に大切なのは、定期的なコンテンツの更新と、有用な情報の提供です。しっかりとしたブログやウェブサイトを運営し、信頼性の高い情報を発信し続けることで、グーグルはそのサイトを評価し、上位表示することになります。

例えば、あなたが飲食店を経営している場合、メニューの紹介やお店の雰囲気を紹介するだけでなく、季節限定のメニューや、料理のレシピ、食材に関する情報など、読者にとって役立つ情報を提供することが大切です。また、顧客とのコミュニケーションも大切で、コメントや問い合わせに返信することで、より親密な関係を築くことができます。

こうした努力は、検索エンジンのアルゴリズムによって評価され、上位表示されることで、より多くの人々に情報を届けることができます。つまり、SEO対策を含めた総合的なウェブサイトの運営が、上位表示に繋がるのです。

ホームページで上位表示されているけれども、事業所の生の情報ブログがゼロ!なんかは注意してください!
ホームページで上位表示されているけれども、事業所の生の情報ブログがゼロ!なんかは注意してください!
お問い合わせ
SCROLL
個別療育を行う豊中市の児童発達支援・放課後等デイサービス。運動療育でお子様の成長をサポートします。
閉じる

welcome

運動に特化した療育が可能?

運動に特化した療育が可能?

児童発達支援・放課後等デイサービス“ソラーレ柴原・ソラーレ神田(コウダ)”のホームページへようこそ!
当事業所では『運動療育』に特化した個別療育で、お子様の自立支援・発達支援をサポートしております。

発達障害とは、心と体の発達が通常の平均から遅れているだけです。
幼少期の発達段階に応じて、運動と脳には、密接な関係があると考えられています。

当事業所では、理学療法士や作業療法士などの専門スキルを持ったベテランスタッフがお子様と保護者様のサポートをさせていただきます。
未来あるお子様の将来を一緒に考えていきませんか?

代表の長年の経験と想いを旨に6月、豊中市にオープンいたします。
5月中旬には体験・見学を募集開始するため、お気軽にお問い合わせください。
数ある児童発達支援・放課後等デイサービスがある中、当ホームページを訪れていただき感謝をお伝えします。
また豊中市以外にも箕面市、池田市、吹田市、川西市、その他にお住まいの方、お気軽にご利用ください。

ソラーレ柴原・ソラーレ神田

ソラーレ柴原
〒560-0055
大阪府豊中市柴原2丁目8-9 田中ビル201号室
【営業時間】9:30~17:30
【定休日】日・月

ソラーレ神田(コウダ)
〒563-0043 
大阪府池田市神田2-17-6 コリーナデルソル1階
【営業時間】9:30~17:30
【定休日】日・月
【電話番号】072-736-8089

TEL:06-4866-6479